top of page

1月16日(火) 第6回北海道疫学交流会が北海道大学で開催されました。

この会は北海道内の疫学研究者の情報交流を目的として、2012年度北海道大学での開催から開始されました。 道内の各大学で毎年開催され、今年度再び北海道大学で第6回目の開催を迎えることができました。


旭川医科大学、札幌医科大学、北海道大学より計20名の参加があり、以下のテーマでの発表後、議論が行われました。(以下発表順に掲載)

(1)「ブドウ糖負荷試験におけるブドウ糖曲線下面積と糖尿病発症との関連」                    札幌医科大学公衆衛生学講座 世古俊明先生



(2)「DOSANCO Health Studyの概要と腸内細菌叢研究」 北海道大学大学院医学院公衆衛生学教室 山村凌大先生

ご多忙の中、ご参加いただきありがとうございました。 今後ともよろしくお願いします。

最新記事

すべて表示

「新型コロナウイルス感染症後遺症に関する調査」追跡調査を実施しています(2024年3月31日まで)

当教室では、新型コロナウイルス感染症の長期健康影響を明らかにするため、2021年度および2022年度の新型コロナウイルス感染症後遺症に関する調査にご参加いただいた皆様を対象に、追跡調査に関するご案内を送付いたしました。 お手元にご案内メールが届いた方は、ぜひ調査にご協力いただきたく、お手数ではございますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。 ご回答いただく中で、不明点等ございましたら下記までご連絡

IMG-0397.jpg

Department of Public Health,
Hokkaido University Faculty of Medicine,
Graduate School of Medicine,
School of Medicine

bottom of page