top of page

3月14日(木) 東京大学大学院医学系研究科 鎌田真光先生の特別セミナーが開催されました。

演題は「身体活動を促進するポピュレーション戦略 普及事業と介入研究の実際」でした。

島根県雲南市でのソーシャルマーケティングの活用で、中高年の運動実施率を高めることに成功した世界初のクラスターRCT(多面的地域介入)によって、地域への介入の実際についてご紹介していただきました。

また、行動経済学の理論に基づき社会実装されたアプリ「パ・リーグウォーク」によって、行動変容とその効果についてわかりやすくご紹介していただきました。質疑応答の場面では、積極的な質問・ディスカッションが交わされ、大変有意義な時間となりました。

この度はご講演いただきまして誠にありがとうございました。






最新記事

すべて表示

「新型コロナウイルス感染症後遺症に関する調査」追跡調査を実施しています(2024年3月31日まで)

当教室では、新型コロナウイルス感染症の長期健康影響を明らかにするため、2021年度および2022年度の新型コロナウイルス感染症後遺症に関する調査にご参加いただいた皆様を対象に、追跡調査に関するご案内を送付いたしました。 お手元にご案内メールが届いた方は、ぜひ調査にご協力いただきたく、お手数ではございますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。 ご回答いただく中で、不明点等ございましたら下記までご連絡

IMG-0397.jpg

Department of Public Health,
Hokkaido University Faculty of Medicine,
Graduate School of Medicine,
School of Medicine

bottom of page