top of page

ライフデザインカフェ「男性の育休 どうする?どうしてほしい?」

申し込みフォームはこちら


男性の育休 どうする?どうしてほしい?(9月8日)


男性の育児休業取得促進が義務化されて1年半経ちますが、ごく短期の取得が多く、長期取得についてはまだまだ戸惑いがみられます。いつ、どれぐらいの期間とるのが自分に合っているのか? 夫婦で希望がちがったら? 職場の人にはいつ相談して、どう仕事を調整する?

妻の説得をきっかけに1年4ヶ月の育休を取得されたという勝部さんの体験談をうかがったあと、一緒に育休に関する疑問やモヤモヤについて語り合ってみませんか? 育休取得を検討している男性や経験者、そのパートナーはもちろん、職場でどう対応するか迷っている方も大歓迎です。


【日時・会場】 2023年9月8月(金)20:30-22:00(接続開始20:00) オンライン(zoom)


【話題提供】

勝部尚樹さん(兵庫県高校教員)


【進行】 松川えり(哲学プラクティショナー、HPはこちら

【参加費】

無料


【お申し込み】

本座談会は、北海道大学COI-NEXTの中で実施している、「ライフストーリー法と対話コンポーネンツの手法を用いた『自分らしさを支える社会的エンゲージメント』の探索」という研究の一環で開催します。 本座談会への参加は、研究への同意が必要です。申込フォームに、研究詳細のURLがありますので、お読みください。


申し込みフォームはこちら

【お問い合わせ】 北海道大学大学院医学研究院 公衆衛生学教室(担当:木村) taiwa@med.hokudai.ac.jp









最新記事

すべて表示

「新型コロナウイルス感染症後遺症に関する調査」追跡調査を実施しています(2024年3月31日まで)

当教室では、新型コロナウイルス感染症の長期健康影響を明らかにするため、2021年度および2022年度の新型コロナウイルス感染症後遺症に関する調査にご参加いただいた皆様を対象に、追跡調査に関するご案内を送付いたしました。 お手元にご案内メールが届いた方は、ぜひ調査にご協力いただきたく、お手数ではございますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。 ご回答いただく中で、不明点等ございましたら下記までご連絡

IMG-0397.jpg

Department of Public Health,
Hokkaido University Faculty of Medicine,
Graduate School of Medicine,
School of Medicine

bottom of page